鼻アレルギーレーザー治療

レーザー治療とは?

発作性再発性のくしゃみ、水様性鼻汁、鼻閉を三主徴とする鼻アレルギーや年中鼻閉のある慢性鼻炎に対して行う治療で、十数年前から行われるようになった比較的新しい治療法です。鼻の中の粘膜に弱い出力のレーザー光を当てて、粘膜の腫れ、むくみをとり、花粉やダニ、家のホコリなどに過敏になった粘膜の感受性を低下させる方法です。

当院での治療方法

治療の流れ

外来診察の後、レーザー治療が必要と診断されますと、薬液のついた小ガーゼを鼻の中に一、二枚入れておきます。約十、十五分で粘膜の表面は充分麻酔されますので、注射などは不要です。ガーゼを取り出して、ハンドピースと呼ばれる鼻用の細いパイプ型の器具から導かれるレーザー光を鼻粘膜に当てます。処置自体は両側でたいていは五分から、十分足らずで終了します。

費用について

保険医療が適用されます。診察料や、投薬料を除いたレーザー治療自体の費用は二割負担の方で3,600円、三割負担の方で、5,400円です。

スタッフ募集中!

0586-72-1878 愛知県一宮市本町1-5-1 休診日 水曜、日曜、土曜午後

ページトップ